歯科で…「あの鏡はきれいなのだろうか…」 「このコップは誰かが使った後だったら…」などいろいろな心配事がたくさんありませんか?
そのような方に、当医院で行っていることをご紹介します。
使用したすべての器具を 手洗い洗浄→機械洗浄→滅菌・消毒 の手順で清潔に保ちます。
お口の中に使用する器具は滅菌したものを使い、コップ・エプロン・グローブ(手袋)などは使い捨てです。また、診療台は患者さんお一人ごとに洗浄液・消毒液を用いて清潔にしてから座っていただきます。
今回はステリマスターという滅菌器をご紹介します。これは短時間で滅菌レベルの状態にすることができますが、大きなものが入りません。そのため、主に歯を削るタービンなどの小さめの器具の滅菌に使用します。
毎日フル稼動で頑張ってくれます(^o^)丿



『滅菌とは生きているすべての微生物を殺菌または除去する行為のこと』
『消毒とは人畜に対して有害な微生物、または目的とする対象微生物だけを殺滅すること』
                                        (日本薬局方より)


ちょっと今日は、本日オペを行なった、骨の再生というお話をしようと思います。
基本的に、歯を支えているのは骨です。歯は骨がなくなってしまうとグラグラし抜けて
しまいます。それが、よく言われる歯周病(歯槽膿漏)です。昔は、骨がなくなってしま
うとあきらめて、抜かなければいけなくなってしまいました。しかし、現在は、骨を再生
することができる時代になっています。それにより、歯周病から歯を救ったり、骨
がなくてインプラントができなかった所にできる時代になってきました。今日の患者さ
んも成功しましたのでそれによって、おいしく食事ができる日もそう遠くないと思いま
す。ただ、そのための薬剤はまだ新しいため、保険が適用になっていないのが、残
念なところです。もし、これが保険適用になれば、もっともっと患者さんの喜ぶ顔が見
れるのにと、ついつい思ってしまいます。


患者さんに「なぜ銀合金よりも金を勧めるのですか?」と尋ねられることがあります。
★金★は腐食に強い金属で、ほとんど壊れることがありません。ですから、虫歯で弱くなった歯を支えるのに適しています。また、★金★は食すことやアレルギー体質の方に用いることからもわかるように生体にとても優しい金属です。
一方、銀合金は粘りが少ない材料のため、詰め物や歯の縁が欠けやすく、そこからまた虫歯が進行することがあります。
歯の修復という点から言えば、銀合金も十分満足のいくものなのですが、長期間の使用に耐え、生体に優しいという点で★金★の方がより優れているといえます。
「長い目でみて、治療してその結果に満足するために…金冠修復の方がずっと率の良い投資になる」それが専門家としての見解です。
ただ、金色が気になる場合もありますので、お口を開けたときにあまり見えない部分に使用するのをお勧めします。
あなたはいかがお考えになりますか?


最近、よく患者さんに「先生、キシリトールガムはいいんですかって?」聞かれます。
確かに、良いと思います。基本的にガムを噛むことによって、唾液がたくさん出てき
ます。この唾液がいい働きをしてくれるんです。唾液は、医学的に言えば、10個くら
い働きを持っています。その中で、大きく言えば2つ挙げられます。まず、唾液の食
べ物に対する流動作用により、食後などに、噛まれると歯に停滞した食べ物の汚れ
が流されますので、虫歯になりにくいです。次に、唾液の緩衝作用といって、基本的
に、食事後などは、お口の中は酸性に傾きます。酸性に傾くと、歯が酸におかされ、
虫歯が進行してしまいます、それを、中性に戻すのが唾液の働きであり、唾液が多く
でると、中性に戻るのが早くなりますので、虫歯にもなりにくいということになります。
これ以外にも、最近のキシリトールガムは、歯を強くする成分の入ったものもありま
すので歯にとっては有効と言えます。ただ、食べ過ぎると、お腹をこわしますので気
をつけてください。



子供さんだけでお留守番をさせることができず、外出にお困りではありませんか?
当医院ではそのようなお母さん&子供さんのために、お母さんの治療時間が長くならないように配慮し、治療の間子供さんが待つための場所(キッズスペース)をご用意しております。


キッズスペースには、おもちゃ・絵本のほか、子供さん専用のモニターを設置しDVDやケーブルTVをみることができます。(DVDは当医院にご用意しておりますが、お好みのものがあればDVDをお持ちください。)
また、歯科医院に来ることで歯科への恐怖も和らぐのでしょうか?子供さん自身が治療になった場合もスムーズに治療に取り組むことができるようです。
出産後や育児の時期は体調管理がおろそかになりませんか?お口の中は体調に敏感に反応します。歯周病は自覚症状が表れ始めたら進行している場合がほとんどです。時間のかかる治療が必要ではないうちに専門的なケアや指導をうけることをお薦めいたします。